田中宗研究室

当研究室に興味をお持ちの皆様へ

慶應義塾大学・理工学部・物理情報工学科3年生で当研究室への参画を希望する方向け [link]
2021/11/21更新(3年生研究室見学でよくある質問についての動画を掲載,11/18開催の研究室見学会で配布のビラを掲載しました)

大学院修士課程,博士課程(社会人ドクター含む)にて当研究室への参画を希望する方向け [link]

共同研究等をご検討くださる企業の皆様へ [link]

当研究室に興味をお持ちで,面談をご希望の方は,shu.tanaka@ (@ の後ろに,appi.keio.ac.jp をつけてください)までメールをお送りください.

最近の講演動画

FINOLABセミナー:金融分野での量子コンピュータ#12でのセミナー風景
第66回物性若手夏の学校講義プレビュー動画

これからの予定

2021/11/30(火)〜2021/12/1(水)
QIT45にて,当研究室のメンバー2名(学部4年生2名)がそれぞれポスター講演を1件ずつ行います.[link]
・「TBA」(大坪(当研究室学部4年生)による講演.白井達彦講師(早稲田大学)との共同研究)
・「TBA」(服部(当研究室学部4年生)による講演.入江広隆氏(デンソー),門脇正史氏(デンソー)との共同研究)

お知らせ

過去のアナウンスはこちらから(2020年).

2021/11/12(金)
准教授の田中が,Data Science Forum 2021 ~進化するデータエコノミー社会~(日本経済新聞社主催)にて,「量子アニーリング等イジングマシンの現状と展望 〜社会実装の基盤を目指した研究開発の実際〜」と題する基調講演を行いました.[link]

2021/11/10(水)〜2021/11/12(金)
IBIS2021にて,当研究室のメンバー2名(学部4年生1名,博士課程1年生(社会人ドクター)1名)がそれぞれ口頭講演を1件ずつ行いました.[link]
・「イジングマシンを用いたブラックボックス多目的最適化手法の構築」(山下(当研究室学部4年生)による講演.松森唯益氏(デンソー),滝雅人氏(デンソー),門脇正史氏(デンソー)との共同研究)
・「イジングマシン向けビット幅削減アルゴリズムの動的プロセスの解析」(菊池(当研究室博士課程1年生)による講演.戸川望教授(早稲田大学)との共同研究)

2021/10/29(金)
三菱ケミカル,IBM,慶應義塾大学量子コンピューティングセンターの方々と,准教授の田中が執筆した論文をarXivにアップロードしました.
Quantum-Classical Computational Molecular Design of Deuterated High-Efficiency OLED Emitters” [arXiv:2110.14836]

2021/10/20(水)
ITmediaビジネスオンラインに,准教授の田中のイベント登壇(NEC Visionary Week 2021)に関する記事が掲載されました.[link]

2021/6/22(火)〜2021/6/25(金)
国際会議Adiabatic Quantum Computing Conference 2021(AQC2021)にて、当研究室のメンバー3名(学部4年生2名、博士課程1年生(社会人ドクター)1名)がそれぞれポスター講演1件ずつ行いました。また、准教授の田中と他機関の共同研究成果について6件のポスター講演を行いました。 [link]
・”Effect of additional operations for constrained quantum annealing“(大坪(当研究室学部4年生)、 白井達彦講師(早稲田大学)との共同研究)
・”Hybridization of quantum and thermal effect in Ising machines“(高橋(当研究室学部4年生)、土手暁氏(富士通)、田村泰孝氏(DXR研究所)との共同研究)
・”Dynamical process on the bit-width-reduced Ising model and tuned method in simulated annealing“(菊池(当研究室博士課程1年生)、戸川望教授(早稲田大学)との共同研究)
・”Augmented Lagrangian Method for Constrained Optimization Problems in Quantum Annealing“(棚橋耕太郎氏(リクルート)との共同研究)
・”Scalable Algorithm for Capacitated Vehicle Routing Problem Using Ising Machines“(武笠陽介氏(早稲田大学)、松田佳希氏(フィックスターズ・早稲田大学)、戸川望教授(早稲田大学)との共同研究)
・”Quantum annealing in transverse-field Ising chains with a correlated disorder“(白井達彦講師(早稲田大学)との共同研究)
・”Continuous black-box optimization with quantum annealing and random subspace coding“(伊澤峻氏(東京大学)、北井孝紀氏(東京大学)、田村亮主任研究員(物質・材料研究機構、東京大学)、津田宏治教授(東京大学)との共同研究)
・”Vehicle Routing Problem with Balanced Pick-up Using an Ising machine“(鮑思雅講師、若泉朋弥氏、戸川望教授(早稲田大学)との共同研究)
・”A Spin Fixation Method for the Pick-up Service Problem with Balanced Assignments Using an Ising machine“(鮑思雅講師、戸川望教授(早稲田大学)との共同研究)

2021/6/22(火)〜2021/6/25(金)
准教授の田中が、国際会議Adiabatic Quantum Computing Conference 2021(AQC2021)のLocal organizerを務めました。 [link]

2021/6/21(月)
日経産業新聞1面、3面に准教授の田中についての記載がある記事が掲載されました。[link]

2021/6/1(火)
特任講師の関優也が着任しました。

2021/5/24(月)
量子ICTフォーラムのwebサイトに、准教授の田中のインタビュー記事が掲載されました。[link]

2021/4/1(木)
博士課程(社会人ドクター)1名(菊池)が研究室に配属されました。

2021/3/19(金)
准教授の田中が情報処理学会第83回全国大会にて「量子技術を用いた次世代アクセラレータ」と題する講演を行いました。また、同大会にて戸川望教授(早稲田大学)、楊天任氏(QunaSys)、松田佳希氏(フィックスターズ)のパネルディスカッション「量子技術を利用した次世代アクセラレータの活用に関して」のモデレータを准教授の田中が務めました。[link]

2021/3/5(金)
日刊工業新聞朝刊4面に、当研究室と住友商事との連携に関する記載のある記事が掲載されました。[link]

2021/3/2(火)
当研究室と住友商事との連携に関するプレスリリースが住友商事のwebサイトに掲載されました。[link]

2021/2/26(金)
日経速報ニュースアーカイブに当研究室と住友商事との連携についての記載がある記事が掲載されました。[link]

2021/2/23(火)
准教授の田中が量子アニーリング・イジングマシンプログラミング実践講座(12月11日(金)、1月22日(金)、2月23日(火)開催、情報処理推進機構主催)の第3回の講師を務めました。申し込みサイトはこちら

2021/2/9(火)
NEDO「IoT推進のための横断技術開発プロジェクト」スクール・ワークショップにて、准教授の田中が「アニーリングマシンの原理と応用探索、今後の課題」と題する講演を行いました。[link]

2021/2/1(月)
准教授の田中がフィックスターズのプレスリリースに対するコメントを寄せました。[link]

2021/1/25(月)、2021/2/1(月)
筑波大学大学院 数理物質科学研究群 応用理工学学位プログラム・筑波大学大学院 数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻にて、准教授の田中が、イジングモデルと相転移や非平衡現象やイジングモデルと物質科学・情報科学とのつながりに関する集中講義を行いました。

2021/1/22(金)
芝浦工業大学工学部情報工学科の講義「システムプログラミング」内にて、准教授の田中が特別講義「量子アニーリング等イジングマシンの研究開発の現状と今後の展望」を行いました。

2021/1/20(水)
当研究室とグルーヴノーツとの共同研究について、プレスリリースが出されました[link]。同内容について、2021年1月22日日本経済新聞 地方経済面 九州版 13面に掲載されました[link]。

2020/4/1(水)
慶應義塾大学理工学部物理情報工学科に当研究室を開室しました。